STAFF BLOGスタッフブログ

2017年3月30日

スタッフの声

ダイヤモンド

いつもホテルメルパルク横浜のブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。プランナーの宮田です。

今回は、指輪(ダイヤモンド)についてお話します。

ダイヤモンドはあらゆる素材の中で、最も長い耐久性を持っています。歴史は古く、その言葉はギリシャ語で「不屈と不滅」を意味し、

太古の昔は強さや無敵さ、勇気を促すものとして着用されてきました。あわせて、持ち運んだり身に着けたりすると、異性との良好な関係を発展させると言われています。

そんな愛の宝石であるダイヤモンドなどの指輪は、なぜ挙式の際に「左手の薬指」にはめるのでしょうか?

古来から男性は、女性の体内で心臓から薬指にかけて、まっすぐつながっていると信じていました。心臓はすなわちハート。ハートとまっすぐつながる左手薬指に「永遠」を意味する指輪をはめることで、永遠に相手の心とつながるという言い伝えが元だそうです。

ということで、皆様も太古からのエピソードに想いを馳せながら、お二人がこれからもずっと「永遠の愛でつながっていくんだ」という想いを込めて、指輪の交換をしてみてはいかがでしょうか?

→ブライダルフェアの情報はこちらから

BRIDAL FAIRブライダルフェア

ホテルメルパルク横浜のウェディングを
ぜひご体験ください

フェア一覧へ

MENU