STAFF BLOGスタッフブログ

2017年7月30日

お知らせ

スタッフブログ

日本人にはやっぱり和装が似合う♡

いつもホテルメルパルク仙台のブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

こんにちは!

ウェディングプランナーの鈴木麻美です。

今日は【和装】のお話です。

結婚式はドレスで、前撮りや後撮りで和装にするという方も増えてきていますよね♪

和装は着付けの最後の段階で様々な小物を付けていきます。その小物に込められた意味はご存知ですか?♡

◇筥迫(はこせこ)

江戸時代に化粧小物やお懐紙を入れた「化粧ポーチ」のようなもの。お着物の胸元に差し込みます*

私は夫以外の男性に染まりません。という意味が込められています。

◇懐剣(かいけん)

布袋の中に(江戸時代は)短刀が入っており、帯の左側に差します*

自分の身は自分で守ります。という凛とした女性を表し、「魔除け」の意味も込められています。

◇帯揚げ(おびあげ)

帯の上を飾る布のこと。着物と帯にコーディネートでお色を選びましょう*

子宝に恵まれますように。という子孫繁栄の意味が込められています。

◇末広(すえひろ)

小さな扇子のこと。帯に挟んだり、お手に持ったりします*

末広がりに「永遠に続く幸せ」などおめでたい意味が込められています。

<和装小物の意味を知ると、神前式や和装でのお色直しをしてみたくなりませんか??♡>

file_1224.jpg

ホテルメルパルク仙台では8/7(月)~8/13(日)までお得な期間限定特典をご用意しております!

詳しくはホームページをご覧くださいませ♪

BRIDAL FAIRブライダルフェア

ホテルメルパルク仙台のウェディングを
ぜひご体験ください

フェア一覧へ

MENU