STAFF BLOGスタッフブログ

2017年4月26日

お知らせ

スタッフブログ

Weddingのためになる お・は・な・し☆

皆さま こんにちは
ウエディングアドバイザーの桐川です。
いつもブログをご覧頂き、ありがとうございます。


もうすぐ5月
私の大好きな季節がやってきます。
なぜ好きかというと、私のBirthday月なのです!
12星座だと【おうし座】☆
最近購入した
【しいたけ占い 12星座でわかる どんな人ともうまくいく方法】によると、
基本性格・・・大人と子ども両方の表情を持つ人
仕事・・・仕事=好きなこと=私のすべて
とのこと・・・。
ズバリ!!当たっているでしょう!!!
そう、私はウエディングの仕事が大好きで、
プライベート=仕事だと思っている 笑
こんなウエディングばかの桐川でよければ、
お話しのお相手になりますよ!



さて、今回は「知っているようで知らない」
ご結婚式の準備をされている方なら一度は「あれ?」と、
思ったことがあるはず!
【お礼・お返し・お車代】についてお話しをさせて頂きます。


◎祝詞や乾杯の発声をお願いした方へ
ご足労を頂いたことへのお礼で、「足衣料(そくいりょう)」とも呼ばれ、
ゲストの代表にふさわしい服装の用意など、
相手の負担に対して感謝を表すものです。
最低1万円以上を【お車代】として用意します。
遠方からお越し頂く場合は、交通費に上乗せして一括で【お車代】とします。


◎遠方からのゲストへ
本当は全額負担できれば良いのですが、
新郎新婦の負担が大きくなり、
また相手に気を使わせることもありますので、
半額または一部負担でも大丈夫です。
この場合の名目は【お車代】


◎受付をお願いした方へ
友人に頼むことの多い受付は、
先に式を挙げた人にならって仲間内の相場に従うのも一計。
現金でお渡しする場合はキリの良い金額で5千円程度を【お礼】として。
金額が特定できない品物でお渡しする場合は、3千円程度でも大丈夫です。


※あくまでも一例です※


と、他にも「二次会の幹事をお願いした方へ」
「出席せずお礼だけくれた方へ」
「出席せず電報をくれた方へ」などなど・・・
考えると様々なお礼の仕方がありますが、
ここでは質問されることの多い3パターンをご紹介させて頂きました。
結婚式を無事に迎えられるのも周囲の方々のおかげ。
お世話になった方へのお礼や、
お祝いに対するお返しはそんな気持ちで臨むことが大切です。


打合せ過程での悩み事、結婚式を考え始めた過程での悩み事。
皆さまのお悩みは様々だと思いますが、そんな時の為に私たちがいます!
疑問に思ったことは遠慮なく、まう相談してみてください☆

BRIDAL FAIRブライダルフェア

ホテルメルパルク仙台のウェディングを
ぜひご体験ください

フェア一覧へ

MENU