WEDDING REPORTSウェディングレポート

子どもと一緒に
HAPPY★WEDDEING!

Kazuyaさま & Yoshikoさま

2015年8月08日

挙式
チャペル サリーダ
披露宴会場
泰平1

子ども達も活躍できる場を

私たちには2人の子どもがいるので、
①長丁場になる式・披露宴を退屈させない
②一緒にお祝いすることで家族としての一体感を生むために子ども達の活躍の場をもちました。
式ではリングボーイとフラワーガールを。

また、披露宴ではケーキ入刀の後にサンクスバイト、新婦のお色直し退場のエスコー ト役を息子、新郎退場のエスコート役を娘に。
3歳の息子はリングボーイをとても張り切っていて、当日の朝まで家で喜んで練習していたのに、いざ本番が近づくと緊張のあまり「お外行く~」とパニック状態に。急遽6歳の娘にリングガール、フラワーガールとトレーンベアラーを二人の姪っ子にお願いしました。

披露宴になると、息子はすっかりご機嫌に。エスコ―トもバッチリ決め、いつもの愛想の良さと絶妙なつぶやきに会場の皆さんを笑顔にしてくれました。

BGMは耳になじみのある曲を

オープニングは「アナと雪の女王」から♪生まれて初めて♪、新婦退場ではエスコート役の息子=我が家の王様にちなんで「ライオンキング」から♪早く王様になりたい♪、新郎退場では、娘が保育園の発表会で合唱した「リトルマーメイド」から♪アンダー・ザ・シー♪を。
また、プロフィールムービーには2人の思い出の曲♪雨のちハレルヤ♪など、4人それぞれに関わりがありながらゲストの方々にも分かりやすい曲をセレクトしました。
そのほかの場面も、子ども達にも聞き覚えのあるような曲を取り入れ、BGMも楽しんでもらえるようにしました。

これから結婚される
カップルへメッセージ

仕事・家事育児を両立する中での結婚式の準備は、正直本当に大変でした。
でも、私達は沢山の方達に支えていただいたからこそ今があり、「お世話になった方々に感謝の気持ちをきちんと形にして表したい」という思いがあってこの結婚式の準備を始め ました。最後は義務感だったかも?なのに、当日蓋を開けたら本当に楽しくて大盛り上がりで、お開きが1時間延びたにも関わらずゲストやスタッフの方が「終わってみてこんな時間だったのかとびっくりした」と言ってくれたステキな披露宴になりました。

その陰の立役者はプランナーの坪井さん。初めてお会いしたときからとても気さくにお話をさせていただき、「この方にお任せしよう!」と大船に乗って準備を始めることができました。
坪井さんは私たちの状況を察して、「今日はこれだけのことを一気に決めていきましょう!」と先に提案してくださったり、メールでの相談にも丁寧に対応したりしてくださいました。
でも、何より「坪井さんでよかった!」と思ったのは、子ども達にもいつも細やかなお心遣いをいただいたこと!打ち合わせはほぼ毎回子ども同伴でお願いしましたが、部屋を用意してくださったり、退屈しないように飴をくださったりしていただいたおかげで、スムーズに打ち合わせをすることができました。
また、坪井さんは子ども達と接するときはいつも目線を下げてくださり、いつしか大の仲良しになっていました。
結果的に、リングボーイができなくなった息子をあやし、披露宴には見事復活させてくださったのも坪井さん。坪井さんが担当プランナーさんだったからこそ、とてもいい式・披露宴ができました。

また、以前からよく耳にしていた「メルパルクのコスパ」。
本当によいと思いました。
そのおかげで、念願だった後楽園ロケーションフォトも実現でき、大満足の結婚式ができました。

このウェディングで使用された施設

OTHER REPORTSその他のウェディングレポート

BRIDAL FAIRブライダルフェア

ホテルメルパルク岡山のウェディングを
ぜひご体験ください

フェア一覧へ

MENU