STAFF BLOGスタッフブログ

2018年9月06日

おすすめ演出

結婚式のマメ知識

和装小物の儀式

こんにちは!!ブライダルの井上です。

台風が去ったかと思えば、北海道の方で地震が続いてますね、、、
今年は自然災害の被害が多く、心がとても痛みます。

さて、今回は「和装小物に関係する儀式」を3つご紹介したいと思います。

1.筥迫の儀
筥迫(はこせこ)とは、江戸時代に化粧道具やお懐紙を入れていた化粧ポーチのようなもの。
お母様からの手紙とお守りを入れ、お支度の最中にお母様に「いつも女性として美しくありなさい」と思いを込めて胸元に差し込んでいただきます。

2.懐剣の儀
懐剣(かいけん)とは、布でできた袋の中に短刀をいれていたもので、魔除けの意味もあります。          
「身をまもり、夫をまもり、そして子供をまもる覚悟を持ちなさい」と意味を込めお母様に胸元に差し込んでいただきます。

3.紅差しの儀
身支度の最後の仕上げとして、お母様に口紅を塗っていただきます。
お母様が花嫁様の幸せを願う意味もあり、魔除けの意味もあります。

これまで大切に育ててきてくださったお母様に最後の花嫁様のお支度をお手伝いしていただける、一生の思い出になりますよね。
ぜひ、演出として取り入れてみてはいかがでしょうか?

BRIDAL FAIRブライダルフェア

ホテルメルパルク岡山のウェディングを
ぜひご体験ください

フェア一覧へ

MENU