STAFF BLOGスタッフブログ

2017年5月01日

衣裳・アクセサリー

結婚式の和装について

こんにちは、美容室の吉田です。

最近は、すごく天気がよく暑い日々が続いてますね。
気温の変化があるので皆様、風邪には気を付けてくださいね!

さて本題なんですが、今日は和装のことについて書きます♡
白無垢、色打ち掛けともに5点セットの小物がついています。


■ 懐剣(かいけん)
布袋に入った護身用の短剣のこと。
「いざというときに自分の身を守れるように」という意味があり、現在では花嫁様の胸元さしてアクセサリーに用いています。

■ 筥迫(はこせこ)
胸元をかざるアクセサリー身だしなみを整えるための化粧道具入れが本来の意味です。

■ 帯揚げ / 帯締め
帯の上部を整えて装飾する紐の事です。
白無垢は白で統一してそれ以外の着物には好みの柄を合わせても楽しめます。

■ 末広(すえひろ)
「末広がりの幸せ」を意味する扇子のことです。
お祝い事に欠かせない縁起のよい小物として、当日は新郎様、新婦様ともに扇子を用意します。
作法は右手に持って左手を添えます。


一つ一つに意味がありますね♪
美容室では、和装を着るとなるとカツラにされるかそれとも洋髪でされるか美容室で相談させて頂いたり、カツラは無料で実際にかぶってみてイメージをわかせる事も出来ます☆
洋髪の時には頭に付ける造花のヘアードを勧めてみたり、カツラの時はかんざしで華やかになるように勧めたりしています。

2017.05.01_blog1.jpg

べっ甲かんざしやキラキラなかんざしなど、美容室では色々な種類用意してます。
これを読んで和装に興味もっていただければ嬉しいです☆
花嫁様の和装は一生に一度しか着れないので着てみてはいかがでしょうか?

髪型、カツラの相談、お待ちしています。

 

BRIDAL FAIRブライダルフェア

ホテルメルパルク岡山のウェディングを
ぜひご体験ください

フェア一覧へ

MENU