STAFF BLOGスタッフブログ

2017年4月23日

その他

高砂や~♪

こんにちは ブライダルコンシェルジュ富山です!

突然ですが ♪たかさごや~このうらぶねにほをあげて つきもろともにいでしおの♪ で有名な和歌。
神前結婚式では入場曲や契りの杯の際に、用いられることが多いこの曲について話をさせてください♪

相生の松の精(高砂と住吉)は古事で、海を隔て離れた場所にいるが、繋がっているという歌だそうです。
船で渡り距離をつめていくさまを、高くなっている砂の島台(高砂)より見守っている目線で歌われています。

メインテーブルは「高砂席」と呼んで、この島台に見立てて高さを設けていたものですが、近頃、バリアフリーが進みゲストの方と距離を縮めるためフラットにされる形が多くなってます。
とても優しいお気遣いです☆

blog_image.pink_taihei_01.jpg

しかし、婚礼従事させて頂いている環境でも「高砂」という言葉を聞くこと話すことが少なくなってきたので、時おりこの「高砂」という言葉を口に出してコマーシャルしてみよっと思いコメントしてみました♪

またこの歌の ♪月諸共に出で潮の~♪
天然の、自然の物に充てて情緒を言葉にする能力は私には全くないのでこの歌の意味を聞いて、日本の心だなーと改めて感動します。

海外の年長者から日本人って、日常のなかに、意義を見出し、気付き、理解する器用な国民性があると伺ったことがあります。
おじいちゃんのような話ですが、大切にしたい歌だなーと思いました☆

BRIDAL FAIRブライダルフェア

ホテルメルパルク岡山のウェディングを
ぜひご体験ください

フェア一覧へ

MENU