新型コロナウィルス感染症予防対策について(9/26更新)

  

タイトル555x171.png

  

いつもホテルメルパルク名古屋をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
ホテルメルパルク名古屋ではお客様ならびに従業員の健康・安全・安心を第一に「新しい生活様式」に沿った
感染拡大予防対策に真摯に取り組みお客様に安心してご利用いただけるホテルとして営業をしてまいります。
 

 


パブリックスペース
アルコール消毒液の増設・定期的な消毒実施の強化

【館内】感染予防対策(消毒液).jpg

【宿泊】感染予防対策(シール).jpg【宿泊】感染予防対策(消毒).jpg


● 館内の換気は空気調和設備を駆使して基準に沿って維持。窓やドアがあるエリアは定期的に外気を入れて空気の入れ替えを行っております。
● 正面玄関ロビーには感染対策の案内とお客さま用手指消毒液を設置。
● エレベーターの押しボタンには抗菌フィルムを貼付。定期的(1日に2回以上)に除菌・清掃。
● エスカレーターの手摺は定期的(1日に2回以上)に除菌・清掃。
● 喫煙室にはご利用定員数を表示。換気に留意し定期的(1日に2回以上)に除菌・清掃。
● トイレはドアノブ、ペーパーホルダー、水栓レバーなど利用に応じ随時、除菌・清掃。

  

ご宿泊
ご宿泊のお客さまと従業員の安全の強化

【宿泊】感染予防対策(検温).jpg 【宿泊】感染予防対策(消毒液).jpg【宿泊】感染予防対策(消毒②).jpg


● チェックイン時の検温とGoToトラベルキャンペーンをご利用のお客様にはご本人確認を実施。
● 飛沫防止用アクリルパネルの設置。
● お客様用アルコール消毒液の設置。
● 接客カウンター周辺機器、電話、カード決済端末、ボールペン、キャッシュトレーなどの定期的なアルコール消毒。
● エレベーターなどパブリックエリア、およびドアノブ、ドライヤーなど客室内のアルコール消毒の実施。
● 各階お客様用アルコール消毒液の設置。
● スタッフのマスク着用、体温チェック、就業前アルコール消毒の徹底。

  

レストラン
ご来店のお客さまと従業員の安全の強化

【レストラン】感染予防対策(パネル).jpg【レストラン】感染予防対策(検温・消毒).jpg【レストラン】感染予防対策(マスク入れ).jpg


● 2mのソーシャルディスタンスを保った座席の設営。
● キャッシャーカウンターへの飛沫防止用アクリルパネルの設置。
● ブッフェスタイルからプレート(定食・御膳)スタイルへの変更。
● お客様用 非接触自動検温機・非接触
アルコール噴霧器の設置。
● ご来店時、検温とアルコール消毒を実施。
● 2mのソーシャルディスタンスを保った座席レイアウト。
● 食事中に外すマスクを入れるマスクケースの提供。
● テーブル、椅子、カウンターなど定期的なアルコール消毒の実施。
● マスク、手袋の着用による接客サービス。
● ご会計時のキャッシュトレーでの受け渡し。
● スタッフのマスク着用、体温チェック、就業前アルコール消毒の徹底。

  

会議・ご宴会・ご婚礼
会議・ご宴会・ご婚礼出席・打ち合わせにお越しのお客さまと従業員の安全の強化

【宴会】感染予防対策(ソーシャルディスタンス).jpg【宴会】感染予防対策(飛沫防止パネル).jpg【宴会】感染予防対策(宴席).jpg


● 自社ホームページへ「オンライン相談会/見学会」のご予約ページを開設。→詳細はコチラから
● ソーシャルディスタンスを保ったテーブルプランの提案。
● 講演台・司会台などへの飛沫防止用アクリルパネルの設置。
● 各会場前にお客様用アルコール消毒液の設置。
● お客さまへ手指のアルコール消毒のご案内。
● 会場ドアノブなどご利用エリアのアルコール消毒の実施。
● マウスシールド、手袋の着用による接客サービス。
→ウェディングに関しての感染症予防対策はコチラから

  

当社従業員に対する感染症予防対策
出退勤時のマスク着用・出勤時の体調チェック・その他の取り組み

【従業員】感染予防対策(消毒液).jpg【従業員】感染予防対策(検温).jpg【従業員】感染予防対策(マスク).jpg


● 従業員へマスクを配布し、出退勤時ならびに勤務中の着用を義務付けております。
● 各事務所に体温計/アルコール消毒機器を設置し、体温の確認と手指の消毒を徹底しております。また、発熱や体調が優れない従業員は、病状回復後14日間が経過するまで自宅待機としております。
● 従業員入り口や事務所入室、化粧室に手指の消毒を行えるようアルコール消毒液を設置しております。
● 体調不良時の行動基準と、従業員の健康状態を管理するルールを設定しております。
● 従業員の不要不急の出張を禁止するとともに、不特定多数が集まるイベントや職場単位での会食など、感染リスクが高いとされている行動をとることを自粛するよう指導しております。
● 事務部門を中心に混雑時間帯を避けた通勤を実施し、感染予防を図っております。

facebook

instagram

tripadvisor